読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

支離滅裂

高卒メンヘラ絵描き。支離滅裂なぼやきの記録。

商業・同人のイラストにおける「不気味の谷現象」の発生について考える

皆さんは「不気味の谷現象」って知ってます?

実はこの現象、みなさんも感じたことがあるはずなんですよぬ~

こいつのせいで「一つの大会社が傾く」ほどの事態になったこともあるのです。
まあ、2001年のファイナルファンタジーの映画ナンすけどね。(しれっ)

なんかたぶんイラスト描きとして人ごとではないと思ったので記事にしました!
よかったら読んでってください!

 


不気味の谷現象」って?

 

最近のテクノロジーは、すごい。


ロボットはどんどん人間に近づいていってるし、3DCGとかでキャラクターだって作れちゃう、ゲームのキャラクターはとんでもなくリアルだ……
特にファイナルファンタジー……(あれは何処を目指しているんだ…?)

 

f:id:oekaki_yonchan:20160811125208j:plain <  やめなよ(カシャッ)

 

しかし、其処に立ちはだかるのが

不気味の谷現象!!」

 

説明しましょう。


不気味の谷現象とは、実物と模倣物における忠実度が、ある一定の数値に近づくと起きる現象です。(ロボット工学の第一人者、森政弘博士が東京工業大学の教授でらっしゃった1970年に命名されました)

 

下のグラフを見ていただきたい

f:id:oekaki_yonchan:20160811125357p:plain


実物(たとえば絵)とかがあるとします。
グラフの線の始点が、実物と模倣物の近似値の始点だと思ってください。

 

実物 と 模倣物 が全く同じでは、人間は特に好意を抱きません。

しかし 実物 と 模倣物 の近似値が上がっていくにつれ人間は模倣物に好意を抱いていきます。

 

しかし、一定のところまで 模倣物が 実物に 似てしまうと、
好意どころか嫌悪感を抱いてしまうのです。 グラフガックーン!!ってなってますよね!そこ!

 

文章ではわからない方は、不気味の谷現象でGoogle画像検索してみましょう!
うわあああこれかあああ!! ってなって、分かるはずです(ゲス顔)

 

同人と不気味の谷現象

f:id:oekaki_yonchan:20160811125502p:plain

なんで不気味の谷現象のイラストが(いらすとやさんに)あるんだ!!!(歓喜


でも、こう題してみても
商業・同人イラストと不気味の谷現象って、なんかピンと来ないっすよね……
という方も多いんじゃないでしょうか。

そんな方に朗報! 超わかりやすい説明があるよ!


「多少デフォルメされたイラストならOK!!
  でもなんか、リアルに限りなく近いけど、
    びんみょぉおおおに近くないイラストって気持ち悪い…気持ち悪くない?」

 

f:id:oekaki_yonchan:20160811125613p:plain


不気味の谷はすぐ側に。転ばぬ先の杖。


「画力ストーリーのその他めちゃくちゃリアルで、もう突き抜けてる同人誌」
ってのはたくさんあるんですけど、


勿論楽しんで描いてるから、画力はいいんだよ。っていう人もたくさんいる。(私のようにな!)


そういう人はたまに「なんかすごい嫌悪感…」までは至らないものの、
ちょっとこれはNG…的な印象を抱かせてしまう人がいる。
    
私は、
こういう同人誌、いいよね!^^ で描く人のための転ばぬ先の杖として、
不気味の谷現象を知っておいて、

「ほどほどにファンタジー」

を頭の片隅において描く(執筆する)ことをおすすめしたい…。

 

ほどほどにファンタジー、ほどほどにデフォルメしとけばなんとかなるんじゃ…


もういちど不気味の谷現象のグラフを見てみましょう

 

f:id:oekaki_yonchan:20160811125357p:plain

僕はこのグラフを見て、ン? と思った。
そして同人のデフォルメ具合をこう! した。

 

f:id:oekaki_yonchan:20160811125751p:plain

これは、42氏が
「でも、人気が出て売れるイラストを描きたいよ!!!!!」
という方のために説明する項目である。


ぶっちゃけボクチンの所感を申し上げてしまうと、だ。

って、イラスト的にはそりゃ人の好みとか色いろあるんですけど、
でもやっぱり「大衆に人気があるトレンド」は、


ぶっちゃけ「可愛い女の子のギャルゲ塗りイラスト」なのだよ…
つまりラノベの表紙だ、ラノベの表紙。

 

いや、めっちゃ上手い人もいる。リアル絵がおかしいとは言わない。
だが、ボクチンは


「大衆に見て愛してもらいたくて売れる絵を描きたいなら、ギャルゲイラスト練習しとけ」


と、そして


「ギャルゲイラスト上手くなりすぎて、不気味の谷に入らないようにね!」

 

と、思ったわけなのです。

今回はあえて厚塗り系のリアルイラストの方には言及しないけど
(ほぼ同じことが言えるからね!)
たまに不気味の谷現象に片足を突っ込んでいる人がいる。

そういう方のために、

「デフォルメをほどほどにしておかないと
2001年のファイナルファンタジーの映画みたいになっちゃうぞ!!」

という言葉を贈る……。


ではこちらにイラストの参考資料の鉄板とその他参考書を置いておきますので…
みなたん読んでくださいね…(白目)

私も不気味の谷現象には気をつけよう…(遠い目)

 

スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン

スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン

 

 

人を描くのって楽しいね!―マンガのための人物デッサン― (廣済堂マンガ工房)

人を描くのって楽しいね!―マンガのための人物デッサン― (廣済堂マンガ工房)

 

 

おわり